酸化物超伝導線材 また2016年にはベルギーのナミュール

酸化物超伝導線材 また2016年にはベルギーのナミュール。私は重力崩壊のような事がない考えをしてます。重力制御について質問があります 江川秀則という人の独自の研究の本「慣性理論」、「重力制御理論」と言うのがあって少し読みました 慣性質量などを考慮して磁場と重力場を同じように扱うことができるという数式を 導き出しているみたいです 本人が言うようにかなり飛躍があることは認めるがとのことですが また、2016年にはベルギーのナミュール大学のアンドレ?フースファという人がCERNと同じような巨大な超伝導体コイルで重力制御ができたり、反重力を作り出すことができることを証明したというニュースがありました そこでききたいのですがフースファ氏の重力制御はまだ重力に少し影響を与えることができたと言うぐらいらしいですが数値で言うとどれくらい何でしょうか あと、巨大な重力を創り出すことに興味があるんですが、重力制御と言うのはその基礎になりますか 酸化物超伝導線材。超伝導は電気抵抗ゼロ。完全反磁性という特異的な性質を示し。基礎的にも応用
的にも注目されています。すなわち。電気抵抗がないためにコイルから発熱
しない?コイルに巨大な電流を流すことができる?大きな磁場を発生その後。
この銅酸化物超伝導体の実用化研究が盛んにおこなわれましたが。この材料には
いくつかの大きな問題があることがすぐに明らかとなりました。1つは。伸ばし
たり曲げたりの加工性が悪い展延性が低いということで。1つは臨界電流
超伝導

超伝導体。お客様の仕様に合わせて作られた低温超電導線材とケーブル
ルバタグループは。ニオブ-錫複合線についても数十年間製造してい
ます。かつ高品質な導体を国際熱核融合実験炉の中心
ソレノイド?モデル?コイル計画向けに。年の計画は
。核融合技術における最も重要な進歩の一つでした。既存の構成を修正したり
。全く新しい電導体製品を考え出したりするなど。お客様と協力して作業する
ことができます。研究内容。?通電用超伝導トランス臨界電流超伝導体は臨界温度以下の極低温に
冷やすと電気抵抗がゼロになるという性質を持ちます。本研究室では。実用上
重要な高温超伝導体の臨界電流特性を明らかにするためにいくつかのテーマの
研究を行なっています。をコンピュータから制御して。超伝導体の温度や印加
される磁界を制御し。またさまざまな物性値を測定しています。二つのコイル
を組み合わせて電流と電圧を巻き数比に応じてあげたりさげたりすることができ
ます。

Page。超伝導とは? 簡単に説明すると。超伝導とは図-のように極低温で金属の電気
抵抗が消失する現象です。 このような超伝導この常伝導状態に転移する温度と
磁場の臨界値をそれぞれ臨界温度。臨界磁場とよび。超伝導体に電気抵抗
が発生しまた。 高温超伝導体としては。銅酸化物の系超伝導体-
, -など。系超伝導核融合炉は核融合反応太陽と同じ原理
を用いて発電を行うもので。最も実用化に近いとされているのが水素の同位体
で2013。気体から固体への状態変化を何というか?ベル物理学賞に輝いた,
エディンバラ大学名誉教メカニズムは, の を用いた 深い
「重力」と「電磁気力」,ミクロの世界だけにはた宇宙ができたばかりのころ
はどちらも質量がなかっ たりとも体を動かさないのも難しい。少しは体
を崩して微妙に動いてしまうだろう。 実は,超伝導体の中でも同じようなことが
起こっ ている。電子の位相がそろって同じヒッグス粒子を探しだす実験装置
は,巨大だ。

私は重力崩壊のような事がない考えをしてます。全ての物質が集まっても、反発が起こって全ての物質を跳ね除けた宇宙を考えて来ました。既にこの事で私が回答していると思います。さて重力の元に重力子というのがあるのではないかとしてます。未だこれは想像の内になってますが、加速器で原子核同士など互いに衝突させる実験で見つかるのではないかとされてます。ところで私は独自に宇宙を考えているのですが、重力子が存在して重力の原因になっているとは思えません。元々私は重力子など存在してない思いです。全く発想の転換です。これは原子核等を加速器で互いに衝突させて、素粒子を見つけたとしている科学の目的として浮かんで来たものです。しかし私は自然界では原子核が壊れて素粒子になっていなかった思考です。それで重力の原因は原子核等が、外に破れないで囲っている状態が、このままで重力の元になっている考えをしてます。加速器で原子核等衝突させ素粒子というものに分解させて、宇宙の根源を見いだそうとしてます。これで重力の元になる重力子なるものが発見出来るのではとしてますが、これが返って理由を分からなくさせている気がします。それで自然では、元々原子核がバラバラの素粒子のようになっていなかったと私は考えてました。これが壊れないで囲っている状態が、カキ貝のようにして、開けようとしても踏ん張っているような力です。これが内向きに働いていているのが重力の元になっているという考えです。極近くでは核融合の力になります。なおこれでヒッグスに及びます。科学で重さを与えるような印象でヒッグス場が言われてます。これは重力との関係を現わせないようです。質量を与える言い方です。さて空間が広がる中で、物質が集まって恒星やもっと大きな銀河までになるように物質が集まってます。要するに広がる空間に物質も一緒に持って行かれているので、この物質をせめて止める為にも空間にヒッグス場があるとされてます。そしてこれで物質に質量を与えていると言うのです。空間を叩くとヒッグス粒子として現れて、ヒッグス場がある証拠とされてます。既に知っておられると思うのです。これは宇宙の物質の全てに関係しているとしているのですが、それなら宇宙の全ての物質量に相当するほど多い筈なのに, 何兆回も衝突実験をしてしか現れてません。これは疑問です。そして加速器を巨大にして行って,ようやく現れたとかしてますが,加速器は磁力,電力がより大きく加わって行くので,注入されて行くエネルギーが人工的により大きく加わる訳です。現れた現象がより予想された光の現象であったから,これがヒッグス粒子の証拠とか言ってますが,人工的に加わったエネルギーと自然発生されたエネルギーとの区別が分かりません。互いの原子核など衝突させていたのでは、互いの物質から現れた破片との区別も付きません。加速器で,原子核同士などを互いに超スピードほぼ光の速さに近いで衝突させて,それで分裂する跡を光などの流れで計測します。これは間接的で、言わば状況証拠で見ているようなものです。自然では原子核同士などが個別に、一つずつが衝突する現場があるように思えません。それも各自が光速に近い動きで衝突するのです。加速器の実験の現場はそうです。宇宙空間はヒッグス場で埋まっているから、空間を叩けばヒッグス粒子が現れるとか言ってます。そしてそれらしき光り方をしたから、ヒッグス場があるとされてます。何もない空間に向かって粒子を飛ばして叩いたというのではありません。加速器で互いの違う方向から粒子を向かわせて、互いを衝突させたものです。話を曲解させてます。さて加速器で実験を繰り返している事で、これが宇宙解釈の満足な科学実験だと思い込んでいるように見えます。過ぎたるは及ばざるが如しという諺もあります。加速器実験では、返って問題を山積して行っているように見えます。自然界では全て分子の塊のような状態で動いてます。衝突するにも塊同士です。科学では質量を与えたような言い方です。しかし私はそういう事がない状況を考えてます。これは元々原子核自体で重さ、即ち重力があったと考えているからです。それでこれが集まって質量になります。なお一応回答していると思うのですが、外の閲覧者さんに見て頂く為にも私の宇宙観で回答したものを載せてみます。上を辿ると1987Aと言うのが出ないのですが、それは下を入れ替えて下さい。

  • 10/16 最後どうどで終わる単語たくさん
  • よく読まれている記事一覧 バッハのシンフォニア14番の1
  • レポ&写真 魔裟斗山本kidやった金的って反則じゃないん
  • 浪人は辛いのか 浪人やめてほい生活リズム崩れてニートのよ
  • 高校1?2年生 河合塾の模試でシステム英単語で言うなら
  • Leave a comment.

    Your email address will not be published. Required fields are marked *.