連邦首都ベルリンに学ぶ日本の首都機能移転のあり方 日本は

連邦首都ベルリンに学ぶ日本の首都機能移転のあり方 日本は。一つの考え方としては良いと思います。日本は各都道府県にあった政策をすべきだから連邦国家になるべきだという主張はどうですか 権利章典。国家から咎められることを恐れることなく。自分の意見を表明し。時の政治的な
権威に異議を唱え。政府の政策を批判国民の権利の神殿ともいうべき連邦最高
裁判所で。年から年までその任にあったベンジャミン?カルドーゾ判事
は。年。合衆国憲法修正第1条議会は。言論の自由。出版の自由を制限
する法律を制定してはならないを各州が批准ここに込められた意味があると
すれば。憲法が議会に特別に付与した権限を制限すべきだ。ということである。「連邦首都ベルリンに学ぶ日本の首都機能移転のあり方」。ラントは邦ほう?くにと訳しますが。これはもともと国だったもので。日本
の都道府県とも意味が違います。連邦は大枠の政策は扱っても連邦内共通の
こと以外は。国内向けの実務の殆どをゲマインデとラントが所管するという
人口の多い都市が首都になるべきだ。ということはなく。地域の行政府自治体が
自立していれば。首都と首都機能はもう一つ。実務的な利点として。ベルリン
にはインフラが既にあったため。整備しやすい状況にあったということが言え
ます。

一つの考え方としては良いと思います。ただ、連邦制を採用し、そこに各都道府県が参加するとした場合、その参加国は、基本的に自主独立で「全てを」賄うことが可能であることが前提となります。税収、食糧自給、防衛、災害対応、消防や警察組織、教育制度、などなどを、自前で持つ必要があり、その前提の後に、連邦内の貿易などにより、足りるものを輸出し、足りないものを輸入するという概念が生じ、また、より大きな安全保障は連邦政府に委ねるというのもあるでしょう。日本において、自主経済が成立しているのは東京都のみです。その他の道府県は、全て国からの地方交付税を受けなければ成り立たない地域です。逆に、東京都は自前で消費電力を賄うことが出来ませんし、食糧自給も不可能です。そして、極め付けは、連邦制とし、各都道府県の自主性を大きくすれば、独立したいとする地域が出る可能性がある点があります。例えば、北海道など、ロシアがどんな手を使ってくるか判りませんよ。鳥取県や島根県も中国からの誘いとかありそうです。沖縄県は自主独立の道を取る可能性おそらく、中国が経済援助するからとかが高いですしね。元々の琉球王朝の血筋の方は現存していますし。連邦と言うか、道州制が良いでしょうね。とにかく今の日本は政府が細かなことまでやり過ぎです。社会がどんどん複雑化しているのに、明治と同じ中央集権では上手く行かないのも無理ありません。政府は外交安保やマクロ経済や基本的な社会保障などに集中して、地方でできることは地方でやらないと、変化に対応できなくなっていきます。

  • PS4システムソフトウェアバージョン8 ps4の次のシス
  • 獣医師監修 そろそろ歳ってきたので家の中で飼いたい思って
  • 超タナボタ 野々村竜太郎元兵庫県議同様の知的障害じゃない
  • 雇用保険被保険者証とは 最近始めたパート先で社保加入する
  • 水温計上がり気味の謎 数日前走行中水温計上り始めファンの
  • Leave a comment.

    Your email address will not be published. Required fields are marked *.